ゴルフのアドレスと姿勢

正しい姿勢

ゴルフ打ち方で正しい姿勢をすることは、なぜ大切なのでしょうか?
それは、ゴルフ打ち方で正しい姿勢をしないと、体のブレが大きくなり、考えた方向にボールを打つことが難しいからです。
ゴルフのスイングは、下半身により一連の動作が支えられているのです。
ゴルフ打ち方で正しい姿勢をしていないと、下半身がブレてしまうことになります。
さて、それでは、ゴルフスイングをする時に、下半身のブレを抑えるゴルフ打ち方の正しい姿勢とは、どのようなものなのでしょうか?
今回は、ゴルフ打ち方の正しい姿勢の作り方をご説明します。
まず、ゴルフ打ち方で正しい姿勢は、背筋をまっすぐに伸ばして立つことです。
そして、背筋をまっすぐに伸ばして立った状態から、足の付け根から曲げて前傾姿勢をとってください。
この時に、背中や腰が曲がると、ゴルフ打ち方の正しい姿勢がとれなくなるので注意してください。
次に、両手を力を抜いた状態で、体の前にたらします。両手が、体の前で、ぶら〜んとした状態ですね。
この状態で、膝を軽く曲げて、体を安定させることで、ゴルフ打ち方の正しい姿勢となります。
前傾する角度は、使用するゴルフクラブの長さによっても、違ってくるのですが・・・
常に、ゴルフ打ち方の正しい姿勢としては、前や後ろから、他の人に押されても、バランスが崩れない状態にすることが大切です。
ゴルフは、メンタルなスポーツでもあります。
プロでも、ルーティーンを大切にするのは、常に同じ動作で、同じリズムで、安心感を保とうとしているのです。
ゴルフ打ち方で正しい姿勢を保つルーティーンを作り上げられれば、それだけでもショットを安定させることもできるでしょう。

 

姿勢関連エントリー

スタンス
ゴルフの打ち方で大事なアドレスと姿勢で安定を極めるスタンス
スタンスの幅を決める
ゴルフの打ち方で大事なアドレス姿勢でもスタンスの幅を気づくとスコアアップにつながります。
アドレスの基本を見直す
ゴルフのドライバーやアイアンなどのクラブや左前下がり等の状況に合わせた打ち方の基本テクニックとちょっとしたコツや気づきを紹介
ライによる違い
ゴルフのドライバーやアイアンなどのクラブや左前下がり等の状況に合わせた打ち方の基本テクニックとちょっとしたコツや気づきを紹介
グリップの種類
ゴルフのドライバーやアイアンなどのクラブや左前下がり等の状況に合わせた打ち方の基本テクニックとちょっとしたコツや気づきを紹介
グリップの使い分け
ゴルフのドライバーやアイアンなどのクラブや左前下がり等の状況に合わせた打ち方の基本テクニックとちょっとしたコツや気づきを紹介